大宮で良心的な美容外科を選ぼう|アフターケアの内容をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

わきがの治療法

注射器

わきがの治療法の豆知識

わきがは日本人や中国人、韓国人などの東アジアの国民に多い症状で、脇の下から不快な臭いが発生します。わきがは遺伝するので、両親のどちらかがわきがである場合は、子供もわきがになることが多いです。わきがと多汗症は密接な関係があり、わきがの人の約60パーセントは多汗症も併発します。わきがの治療法には制汗剤の使用や手術などがあり、レーザー脱毛でも治療できる場合があります。軽い症状の場合は制汗剤を使用すると不快な臭いを抑えることができますが、根本的に治療するには医師に診てもらうことが必要です。大宮の美容外科ではわきがの治療を行っており、多汗症も治療することができます。主な治療法にはボトックス注射と外科手術があり、症状によってはレーザー脱毛を勧める場合があります。どの治療法を適用するかについては、施術前のカウンセリングで医師と相談して決定します。ボトックス注射は施術をせずにわきがを治療することができ、発汗を抑えることで臭いが解消します。わきが治療の外科手術では、皮膚をメスで切開して汗腺を摘出します。汗腺がなくなると発汗しなくなりますので、不快な臭いも自然に消えます。

わきが治療の人気

柿渋エキスなどを配合しているデオドラントクリームは、わきがの不快な臭いを軽減することができます。しかし、デオドラントクリームは臭いを抑える効果が期待できるだけで、わきがの根本的な治療にはなりません。本格的にわきがを治療するには、医療機関を受診して医師による治療を受けることが必要です。大宮の美容外科はわきが治療の実績が豊富で、患者からの人気を集めています。大宮の美容外科の人気が高い理由は、優秀な医師に専門的なわきが治療をしてもらえるからです。軽症のわきがは発汗を抑えると治るので、大宮の美容外科では軽症の患者に対しては制汗効果がある制汗剤を処方しています。脇の下に外用薬の制汗剤を塗ると発汗が抑制されるので、わきが臭も抑えられます。制汗剤では治療できない重症のわきがの治療は、ボトックス注射や剪除法による外科手術で治療をします。ボトックス注射は注射をするだけで汗が出るのを抑えることができ、わきが臭も解消されます。剪除法による外科手術は脇の皮膚を切開して汗と臭いの発生源である汗腺を摘出します。

Copyright © 2016 大宮で良心的な美容外科を選ぼう|アフターケアの内容をチェック All Rights Reserved.